江古田でゴスペルを歌おう!

音楽スタッフ紹介

◆江古田ゴスペルクワイアの音楽スタッフ紹介

●Meg(粟野めぐみ、音楽ディレクター)

ベーシスト、アーティストのバックコーラス、ソロシンガー活動など、数々の音楽経歴を経て、ゴスペル音楽を求めて1992年に渡米。”West Angeles Church Of God In Christ”のクワイアメンバーとしてライブやレコーディングに参加。帰国後、ゴスペルシンガー、クワイアディレクターとして活躍。日本各地でゴスペルクワイアの指導にあたっている。夫であり、ミュージック・ディレクターであるピアノコウジと「Meg&Piano KOJI」として数々のCDをリリース。また、各地でキッズクワイアを立ち上げ、キッズゴスペルソングの作詞作曲なども手がける。
●Piano Koji(キーボード)

日本では数少ないGOSPEL PIANO&ORGAN PLAYER として、ゴスペルグループのサウンドプロデュースや、ミュージシャンの指導、全国様々な教会のクワイヤー・バンドのアドバイザーを務めている。また、カーク・ウェラム、ロン・ブラウン、エドウィン・ホーキンス、ドニー・マクラーキンなど海外のクリスチャン・アーティストとも共演する。近年、日本語の美しい響きとゴスペルの和音による「日本の新しい賛美」のビジョンが与えられ、多くの曲を生みだしている。Meg&Piano Kojiとして、数々のCDをリリース。その他、多くのクリスチャン・アーティストのCD制作を手がける。
●野戸 保奈(ボイストレーナー)

幼少よりクラシックピアノを学ぶ。早稲田大学在学中、ボーカリストとして音楽活動を始動し、1994年から2003年に渡りバンドのボーカリストとして、また解散後はソロとして、インディーズ、メジャーレーベルからCDを多数リリース。楽曲制作や弾き語りLIVE活動,他アーティストのコ-ラス等も行う。また、1995年より現在に至る迄、日本におけるブラックゴスペル界の第一人者Ronnie Rucker氏に帥事し、彼の率いるBright Lights Choirのメンバー.ソリストとして2002年には米デトロイトでのG.M.W.A.や、数カ所の教会にてコンサートを行う。2001年よりボイストレーナーとしても活動を始め、2006年より自宅にてボーカル教室「Fine Voice」を開いている。現在3児の母。
Fine Voice
●永井 開(キーボード)

ピアノコウジ師に出会いゴスペルを始め、現在、東京、横浜、北陸などのクワイアでピアニストとして活躍。ゴスペル音楽院卒業。
●堀木 健太(ベース)

高橋幸宏、0930、早川義夫などのツアーやレコーディングに参加。
ゴスペルクワイアや、その他多方面で活躍。
「f-Bass」と一体となり奏でる強力なサウンドは評価が高い。
●柳瀬 幸弘(ドラム)

江古田ゴスペルクワイアのドラマーとして活動を始め、ゴスペルの本場アメリカを訪れた時に黒人のドラムに強い影響を受ける。現在は江古田ゴスペルクワイアを中心に活動を行い、海外から訪れたゴスペルアーティストのサポートもしている。
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 江古田 GOSPEL CHOIR All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.